カミノゴウジョウシ

上の郷城址

忍者に落とされた城

上ノ郷城跡は、戦国時代に鵜殿氏が本拠地とした城です。
おもに現存する土塁(土を盛って造られた壁)と空堀からなる構造の城で、城の東側を流れる「兼京(かねきょう)川」が「お堀」の役割をしていたとされています。防御が堅固だった城は徳川家康の擁した忍者の活躍で陥落、上の郷城は忍者によって落城した最初の城とも言われます。
1590年家康の関東移封により、三河の家臣たちも関東へ移住することとなったため、廃城となりました。

ACCESS MAP

SPOT DATA

名称 上の郷城址
住所 蒲郡市神ノ郷町城山36