トップページ > モデルコース

蒲郡市モデルコース

モデルコース

モデルコース

1日目 あじさい祭 13:30~15:00

毎年6月に「形原温泉あじさいの里」に植裁された5万株のアジサイが咲き乱れるなかで「あじさい祭」が開催されます。期間中は臨時バスも運行され、8万人以上の来訪者があります。100鉢余の珍しいアジサイを展示する「日本のアジサイ展」、観光写真コンテスト・俳句会などの催し物もあります。

【住所】蒲郡市金平町一ノ沢28-1  【連絡】0533-57-0660(形原観光協会)
【期間】6月1日~6月30日 ※事前にご確認下さい  【入場】300円(中学生以下無料)


1日目 カジェルの森 15:00~15:30

蒲郡出身の言の葉墨彩画家「ひろはまかずとし」のギャラリー。自然の木々に囲まれた中で、優しい言の葉に出会えます。様々なポストカード、フレーム、陶器などの販売を行っているギャラリー、ひろはまかずとしプロデュースのカフェ茶房お花もございます。

【住所】蒲郡市金平町上の坊20 【営業】10:00~18:00
【連絡】0533-57-1439  【HP】http://www.kajel.com/top.html


1日目 無量寺 ガン封じ寺 15:50~16:30

昔から厄除け癌封じの寺で知られる平安時代の古刹です。ご本尊西浦不動は秘仏であり特に難病封じがご利益で、境内には全国の参拝者が祈願したガン封じ絵馬が沢山奉納されています。住職によるユニークなガン予防の法話を聞くこともできます。

【住所】蒲郡市西浦町日中30  【時間】8:00~17:00  【連絡】0533-57-3865


1日目 がまごおり温泉郷 17:00~

東京と大阪のほぼ中心にあり、交通の便が良い温泉リゾート地。新鮮な海の幸も豊富で、心身癒されること間違いなしです。三谷温泉・蒲郡温泉・形原温泉・西浦温泉・三ヶ根吉良温泉の5つの温泉地で、様々なお湯が楽しめます。


1日目 あじさい祭 夜のライトアップ

あじさい祭では夜間にライトアップが行われます。奥の小川には蛍も放たれており、ロマンチックな空間をさらに盛り上げています。夜9時30分までライトアップされたあじさい園は幻想的な風情をかもし出され、昼間とは違った風情でお楽しみ頂けます。チェックイン後に再度訪れてみてはいかがでしょうか?

【住所】蒲郡市金平町一ノ沢28-1  【連絡】0533-57-0660(形原観光協会)
【期間】6月1日~6月30日 ※事前にご確認下さい  【入場】300円(中学生以下無料)


2日目 海産物のお買い物 10:00~10:30

三河湾の新鮮で活きの良い魚介類が常に豊富な、味のヤマスイ・蒲郡海鮮市場で海産物のお土産が購入できます。三河湾の味をご堪能下さい。

味のヤマスイ
【住所】蒲郡市形原町港町88  【連絡】0533-57-1155
【HP】http://www.yamasui.net/

蒲郡海鮮市場
【住所】蒲郡市拾石町浅岡47-1 【連絡】0533-68-7879
【HP】http://www.g-kaisenichiba.com/


2日目 竹島・八百富神社 10:50~12:00

長さ387メートルの橋で陸地と結ばれて、国の天然記念物に指定されている蒲郡のシンボルが「竹島」です。冬にはシベリアからユリカモメなどの渡り鳥が飛来し、心を和ませてくれます。竹島橋は縁結びの橋と呼ばれているので、相手と中央を開けないよう、気をつけて渡ってください。夫婦・カップルで訪れた際には、ぜひ仲良く手をつないで歩いてみてはいかがでしょうか。

島の中央部には、日本七弁財天のひとつであり、開運・安産・縁結びの神を祀った「八百富神社」があります。本殿には「福種銭」があり、福徳やご縁をいただくことができます。

【住所】蒲郡市竹島町3-15  【連絡】0533-68-3700
【駐車】無料  【HP】http://www.yaotomi.net/


2日目 海辺の文学記念館 12:10~12:30

大正・昭和初期の日本の文人達に愛された、旅館「常磐館」の趣を再現した竹島近くの文学歴史記念館です。ノーベル文学賞を受賞した「川端康成氏」をはじめ、蒲郡市出身の直木賞受賞作家 「宮城谷昌光氏」や芥川賞受賞作家「平野啓一郎氏」の作品なども展示しています。館内では、5年後・10年後の未来に手紙を投函する「時手紙」を書くこともできます。

【住所】蒲郡市竹島町15-62  【入場】無料  【連絡】0533-67-0070
【定休】火曜日  【営業】9:00~17:00(お抹茶・時手紙は15:30まで)


ページ上部へ
Copyright 蒲郡市観光協会 All Rights Reserved.